俺ブログ!!

個人的に気になったニュースやゲームについてまとめているブログです。

【スプラトゥーン2】ガチエリアで勝つ立ち回りやコツ!武器おすすめまとめ!

   

こんにちは!サイト管理人です。

スプラトゥーン2で日々イライラしていますか?

 

ガチエリアってなかなか難しいですよね!

他のガチマッチのガチホコやガチヤグラとは一味違った立ち回りが要求されるので

「ガチホコ、ヤグラはS行ったけどなぜかエリアはB+」とか

「ガチエリアだけS+行ってない」

といったガチエリアだけ苦手な方々が多く見受けられる魔のルール。

 

そこで今回は

【スプラトゥーン2】ガチエリアで勝つ立ち回りやコツ!武器おすすめまとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

攻略の参考にしてみてください。

 




*スポンサードリンク

ガチエリアの仕様

ルール

ステージの中央にある特定のエリアを一定時間確保し続けたチームが勝利するバトル。

ガチエリアを確保し続けるとカウントが進み始め制限時間までにカウントを0にするとノックアウト。

 

制限時間内にカウント0にできなかった場合はカウントが少なかった方が勝利する。

 

ペナルティの仕様

エリアを確保した場合はいきなりカウントが進んでいくわけではなくペナルティカウントが消費される。

そしてペナルティカウントを消費した後にカウントが進み始めます。

 

このペナルティカウントですがカウントをリードしていればしている程ペナルティ時間が長くなります。

なのでペナルティはカウントが負けているチームに少し有利なルールとなっています。

 

 

エリアが取られている側はスペシャルゲージが増える

エリアを取られている間はスペシャルゲージが何もしてなくても増加していきます。

増加する量としてはカウントに関わらず40秒でゲージが満タンになるようにスペシャルゲージが増加。

 

またエリアが中立(カウントを止めた時)でありカウントが負けていた時は120秒でスペシャルゲージが満タンになるよう増加します。

 

延長時間

カウントが負けている側がエリアを確保していた場合は制限時間が過ぎてもゲームが終わらず延長時間に入ります。

 

延長が止まる条件としては

・カウント負けしているチームのカウントが逆転した時

・勝っている側がエリア確保した時

・「カウントを止めた!」状態を一定時間キープした時

の3つ

 

なので制限時間が来ても負けている側は諦めず、勝っている側は油断しないように頑張りましょう!

 

「カウントを止めた!」「ガチエリアを確保した!」の仕様

今作スプラトゥーン2は前作スプラトゥーンとエリアの確保仕様が少し異なります。

 

「カウントを止めた!」にさせる時はガチエリアの7割くらい塗らないとカウントが止まらず

「ガチエリアを確保した!」となるにはエリアの9割くらい塗らないといけません

 

なので敵を全滅させていてもエリアの塗りが甘く、実はエリアのカウントが止まっていなかったりエリア確保できなかったりといったうっかりミスをしてしまうことがあるのでしっかり塗りましょう。

 

また前作は一人でエリアを取り戻せたりできましたがスプラトゥーン2では「カウントを止めた!」となるまでにエリアの7割を塗らなければならないのでチームの連携が必要になってきます。

 

延長時間に逆転勝ちしやすい

ガチエリアは逆転が非常にしやすいルールとなっています。

・勝っている側にペナルティが付く

・ちょっと塗ったくらいじゃエリアを取れない

といった仕様があるので今作は負けていても逆転がしやすいようになっています。

 

 

ガチエリアで勝つコツや立ち回り

塗る!塗る!塗る!とにかく塗る!

ガチエリアは文字通りエリアを塗るゲーム!

なのでエリアをひたすら塗ってカウントを進めていきましょう。

 

ガチエリアは積極的に敵と戦う必要がありません。というか戦ってはいけません!

 

敵と戦うデメリットとしては

・敵を倒しにい移動している時はエリアが塗れない

敵を倒しに移動している時は相手にカウントが進められてしまいます。

 

・負けて人数不利になった時カウントをすすめられてしまう

3vs4で塗るのでエリア確保されてしまいます。

あなたが負けて復活するまではカウントが進められてしまう認識しよう!

 

・相手は強いポジションで待っている

エリアで戦う時は相手は有利なポジションでガチエリアを塗っています。

なので悠然とエリアを塗られ有利な地形で攻めてくるのは待っています。

 

そして突っ込んできた敵を倒せれば儲けもの。4vs3になりその間エリアカウントを進めることができます。

 

 

この状態を崩すのは容易ではありません。

 

 

ガチエリアの中で戦わない

ガチエリアの中でやられてしまうとキャラクターが爆発して敵インクが飛び散ります。

するとすぐにエリアを確保されてしまうので基本的にはエリアの中で戦わないようにしましょう。

 

 

エリアが塗れてキルされにくいポジションに立つ

後衛のような立ち回りをする武器におすすめのポジション

・常にエリアが塗れる

・倒されにくい強い

・味方のスーパージャンプ先が作れる

の3つがそろった場所で塗り続けるのがおすすめ!

 

ここでの戦法としては

常にエリアを塗りつつ、敵がカウント負けしていたら敵は攻めてきますがポジションが強いので基本的に迎撃が成功する。

といった安定して戦うことができるポジション。

 

例としては

 

・ガンガゼ野外音楽堂

左の高台

 

・フジツボスポーツクラブ

中央左の台の上

 

・バッテラストリート

ここ

 

マンタマリア号

ステージ右の高台

 

等々

 

この位置をずっとキープすることで相手はエリアを取り戻すためにここのポジションを取っている人をどかすかキルしに行かなければなりません

 

この場所さえ取っていればエリアを取れることはないでしょう。

 

逆にガチエリアはこのポジションの取り合い!

 

エリアの少し前で戦う

さっき説明した上のようなポジションは基本的に1か所くらいしかないので誰かがそこに立っていればOK。

他の人はエリアの少し前で戦うことを心がけましょう。

 

 

勝っている時の立ち回り

キルはいらない!とにかく塗る!

エリアを塗っている相手を見つけた場合はキルをするのではなくエリアをとにかく塗りましょう。

エリアを取られてしまってはペナルティカウントが付いてしまうのでとにかく取られてないよう意識。

こちらに気づいて近づいてきた場合は迎撃する形でOK。

 

例外としては塗り効率の悪いボールド、ブラスター等はキルをしても構いません。

 

 

裏取りやキルしにくる敵を警戒しつつ塗る

先ほどのエリアが塗りやすくキルされにくいポジションに立った時の立ち回り。

このポジションを崩すために相手は必ず裏取りしてくるのでしっかりとそこを警戒しておきましょう。

 

エリアの周りも塗る

エリアの周りも塗ることで味方が自由に動けるようになります。

塗り効率が高い武器を使用していた場合は相手が近くにいない時はエリア周辺も塗っておきましょう。

 

 

潜伏はするけどリスキルはいらない

前作はエリアを取ったらリスキル(復活した相手をすぐに倒す)するほどまで前に出て戦うことが強い戦法とされていました。

しかし今作はギアの「復活短縮」が弱体化したのでやられた場合すぐに戦場に戻ってくることができません

 

復活短縮で前に出て相打ち覚悟でキルを取る戦法が弱くなったので人数不利を造られてしまい今作はリスキルに失敗した場合は一斉に攻められエリアを確保されてしまいます

 

なのでリスキルするほど前に出るのではなくエリア前辺りくらいで潜伏して倒す。

くらいしか前に出なくてOK!

 

 



*スポンサードリンク

負けている時の立ち回り

負けている時はキルをしなければならない

勝っている相手はエリアを塗り続けカウントを進めようとします。

 

今作は7割エリアを塗らなければカウントが止まらないので敵とエリアを塗り合っても勝っている側のカウントはどんどん進んでしまいます。

 

この状態を崩すには前に出てキルを取らなけばならないので負けている時初めてキルを意識して立ち回りましょう。

 

あわてない

カウントが負けていたとしても突っ込んでいってはいけません

相手は4人で万全な体制でエリア周辺で敵がくるのを待っています

 

そこに一人で突っ込んだところで迎撃されてしまうのがオチ。

運よく2人倒したとしてもその二人はエリア少し後ろの味方にスーパージャンプしてすぐに戻ってきます。

そしてエリアは取り戻せず。という状態を繰り返してしまい負けてしまうパターンが結構あります。

 

ということでこの状態を崩すには4人全員で攻めて一気にエリアを取り戻しましょう。

 

 

クリアリングする

クリアリング(敵がどこに潜んでいるか探す)は非常に大事。

4人で攻めても敵がどこにいるか分からなければ隠れている一人に一気に3キルされた!

ということが多々あります。

 

 

なので攻める時は慎重に!特に相手にスプラローラー、ボールドのような潜伏する武器が敵にいるならさらに気を付けましょう。

 

 

打開するためにゲージを溜める

4人一気に攻めるためにスペシャルを使ってエリアを取り戻しましょう。

ということでこちらのチームが3人キルされて残った場合は1人で攻めても無駄なのでスペシャルゲージを溜めておきましょう。

 

 

スペシャルを使って4人で攻める

4人で前に出るタイミングは味方に合わせて!

ということで味方がスペシャルを使ったタイミングで前に出て敵を倒しにいきましょう。

 

特にインクアーマー、ミサイルランチャー、ボムピッチャーなどのスペシャルを味方が使った時は前に出るチャンスなのでみんなで攻めていきましょう。

 

 

人数有利になったらいっきにみんなで前に出る

スペシャルがなくとも前に出て攻めるタイミングがあります。

それは味方やあなたが1人倒して4VS3の状況を作ってくれた時。

 

相手が復活するまでは人数有利なのでその時間を狙ってみんなで敵を探して積極的に倒していきましょう。

なので上の人数を教えてくれるものをよく見て行動していきましょう。

 

 

仕方ないから裏取りする

裏取りしている時は先ほど述べたように

・一時的に3VS4になる

・エリアが塗れないのでエリアが取られる

・カウントが進む

といったデメリットがあります。

 

しかし裏取りが成功すれば一気に敵を全滅できるパターンがあるので正面から崩せないと判断した場合は裏取りして敵を倒していきましょう。

ちなみに失敗すると裏取りしていた時間分相手のカウントが進むことになります。

 

ガチエリアでの武器おすすめ!

プロモデラーRG

塗り効率が高くさらに強力なスペシャル「イカスフィア」を持っている。

ガチエリアでは1番おすすめできる武器。

 

.52ガロン

キル性能が高い.52ガロン。塗り効率は高くないがイカスフィアを持っているので一気にエリアを取り返す力がある。

 

プライムシューターコラボ

射程の長い後衛武器。キルもそこそこできる。

サブがキューバンボム、スペシャルはバブルランチャーなのでエリアをそこそこ塗ることができる。

 

 

わかばシューター

塗り効率の高い武器わかばシューター。

キル性能は高くないがスプラッシュボム、インクアーマーで安定した立ち回りが可能。

 

 

スプラシューター

塗り、キルがバランス良くできる武器スプラシューター。

文字通り塗りに徹することも出来れば裏取りしてキルもできる武器なのでおすすめできる武器。

 

 

バケットスロッシャー

こちらもスプラシューター同様塗り、キル性能両方高い武器。

メイン性能はヒッセン以上であり凹凸あるステージでは非常に輝く。

 

 

まとめ

今回はガチエリアで勝つ立ち回りやコツ!武器おすすめまとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

 

ガチエリアはひたすら塗り続けるルール!

ということだけでも覚えて貰ってガチマッチに潜ってみてくださいね。

 

ちなみに管理人はガチエリアが好きじゃありません。

だって塗り続けるの大変じゃないですか!!

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

 - スプラトゥーン2