俺ブログ!!

PC、ゲーム、ガジェットを中心にまとめています

【2020年版】switchにおすすめゲーミングモニター4選!

   

ニンテンドースイッチでおすすめのゲーミングモニターってどれ?

switchのゲーミングモニターの選び方を教えてほしい

という方のために書いたページになります。

 

本記事の内容

・ゲーミングモニターを購入する時に選ぶポイント

・ニンテンドースイッチ向けのゲーミングモニター

の二つです。

 

ニンテンドースイッチでは現在様々なゲームが発売されてきておりswitchゲームをもっと全力で楽しみたい!勝つためにガチのゲーム環境を整えたいという方も多いのではないでしょうか?

 

この記事を書いている僕はゲーミングモニターを導入して4年ほどたち現在でもゲーミングモニターでニンテンドースイッチのスプラ、スマブラの対戦ゲームやpubgなどのPCゲームを楽しんでおります。

今回はゲーミングモニターに関する知識やswitchにおすすめのものを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

【2020年版】switchにおすすめゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターを選ぶポイントとしては

・解像度

・応答速度

・リフレッシュレート

・使用できる端子数

・画面サイズ

の5つが重要になってきます。

 

ゲーミングモニターを使用する環境によっておすすめするモニターは変わってきます。これがおススメや!というものは人それぞれとなるので一概には言えませんが

 

一応現在僕が使用しているゲーミングモニターは

これです。

 

格闘ゲームやFPS向けに作られたゲーミングモニターでありこれを使用すると急に勝てるようになった!!ということはありませんがきれいな画面、モニターによるラグを感じないということから4年間ずっと不満なく使用できているのでおススメできる一つの商品です。

ただニンテンドースイッチだけでなくPCでも使用したかったためこの性能のものを購入しております。

 

以下では選ぶポイントについて解説してから使用する環境に合わせたゲーミングモニターを紹介していきます。

 

1.解像度

液晶モニター・ディスプレイのイラスト(コンピューター)

解像度とはモニターの横と縦のピクセル数のことであり数値が高ければ高いほど画質がキレイになります。最近では解像度が高い4kテレビ(3840×2160)などが流行っていますよね。

 

結論から申しますとFullHDの1920×1080のモニターであればゲーミングモニターの画質としては不満はなくなります

解像度が高ければテレビを見る上では4kなどの高画質モニターはキレイで申し分ないですがデメリットとしては解像度を上げた結果PCやデバイスにその分負荷がかかり応答速度やリフレッシュレートが確保できなくなっているなど対人ゲームをする場合は若干の不具合があります。

 

またニンテンドースイッチの場合はテレビモードHDMI出力で最大1920×1080のフルHDですので1920×1080対応のゲーミングモニターが”switchにちょうど良い”ということになります。

 

なので僕のようにPCと兼用かつ対人ゲームをしないのであればもう少し高画質のものを購入しても良いと思われます。PS4proを持っている場合はソフトによっては4k解像度対応のものもあるのでそういう方も高画質のゲーミングモニターはアリです。

 

2.応答速度

ゲームに熱中している男の子のイラスト

応答速度は画面の色が切り替わる時の早さであり例えば「黒→白→黒」と切り替わる時に応答速度が5msだと「黒→白→黒」にかかる時間が5msということになります。

*1ms=0.001秒

 

最近のゲーミングモニターは5ms以下が当たり前であり1msのゲーミングモニターも珍しくなっていません。ちなみに通常のゲーム向けでないテレビは応答速度10ms以下。

人間の反応速度は0.2秒ということで200ms、応答速度5msの世界ではほとんど認識できないと言われていますが人によっては若干違うという意見も存在するので(僕も違和感を覚えます)対人ゲームをするのであれば応答速度は速いことにこしたことはない。

 

とくにこだわらないのであれば1msのゲーミングモニターがおすすめ

 

3.リフレッシュレート

リフレッシュレートとは”モニター画面が1秒間に何回更新(リフレッシュ)するか”という値であり単位はHz「高ければ高いほど画面が滑らかに動いている」ようになるものであります。

 

リフレッシュレートはモニターで60hz、75Hz、144Hz、240Hzのものがあり現状一番良いものは240Hz。しかしニンテンドーswitchのフレームレートは60F。

フレームレートとはモニターではなくゲーム自体のリフレッシュレートのようなものでありゲームの映像を1秒間の間に何回パラパラ漫画のように映すか?というものであり単位はF。60Fは一秒間に60回映像を届けているという意味。

 

フレームレートとリフレッシュレートはセットで考えられるものでありニンテンドーswitchでは60Fでどんなにリフレッシュレートの優れたモニターを使っても1秒間に60回の映像しか届けられないのです。

たとえるなら超高性能なメディアプレイヤーに100均のイヤホンを使用するがごとくニンテンドーswitchでは240Hzのモニターの性能を生かすことができません。

 

なのでニンテンドーswitchではリフレッシュレート60hz、75Hzのモニターがおススメ

switchだけでなくモニターをPCにつなげる場合は144Hzがおススメになります(240Hzのモニターは現状どのPCゲームでもオーバースペック気味なのでおススメしていません)。

 

4.使用できる端子数

ゲーミングモニターによってはHDMIの端子数が1つから3つのものまでありモニターを使用したい環境によって選んでいきましょう。

購入したモニターでPC、PS4、スイッチなど3つのものをつなげたいという場合はHDMI3つのものがおススメ。ゲームをする時に毎回ケーブルを抜き差しする必要がなくなります。

 

僕が先におススメしたゲーミングモニターは端子2つなのでPS4で遊ぶ時は一回一回変えないといけなくなったという失敗をしたのでこの項目は非常に重要です。

 

5.画面サイズ

画面サイズはモニターとの視聴距離によって選ぶのが大事。

PCのように目とモニターの視聴距離が50cm前後の一人用のような場合は21インチ(横46cm縦26cm)から27インチ(横59cm縦33cm)辺りがおススメ。

個人的には24インチ(横53cm縦29cm)がちょうど良いサイズだと思っており格闘ゲームなどの大会では24インチのモニターが多く使われております。

 

2mくらい離れて友人など他の人たちと遊ぶのであれば54インチ(横120cm縦67cm)以上がおすすめになります。

 

ニンテンドースイッチにおススメのゲーミングモニター

HDMI 2ポート

大きさ 24インチ

応答速度 1ms

リフレッシュレート 75hz

解像度 1,920×1,080(フルHD)

 

ニンテンドースイッチでプレイするのであれば十分な性能のゲーミングモニター。応答速度1msかつリフレッシュレート75hzであるためほぼどのゲームでも問題なくキレイになめらかな映像を楽しむことができます。

モニターを見ていると目が疲れてしまう現象を抑えるフリッカーフリーとブルーライト軽減の二つを搭載しているため長時間のプレイしても安心。

 

HDMI 2ポート

大きさ 24インチ

応答速度 1ms

リフレッシュレート 60hz

解像度 1,920×1,080(フルHD)

 

ゲーミングモニターの中でもかなりおススメできるBenqのモニター。

Benqのモニターは画面モードで「格闘ゲーム」「FPS」「RTS」モードなどプレイするゲームによって画面を最適にできるモードがあるのが非常に便利。

また暗いシーンでも敵を見つけやすくするBlack eQualizer機能なども便利。完全にゲーム仕様のモニターとなっています。

 

HDMI 3ポート

大きさ 23.6インチ

応答速度 0.6ms(最大)

リフレッシュレート 144hz

解像度 1,920×1,080(フルHD)

 

HDMIが3つ欲しい人におススメのゲーミングモニター。ニンテンドースイッチをプレイするものとしてはかなり高い性能であるがHDMIが3つで24インチのものではこれが一番良い。

FPS向けに作られたゲーミングモニターであり暗い場所がはっきりと見える「Night Clear Vision」を搭載。

 

HDMI 3ポート

大きさ 55インチ

応答速度 8ms オーバードライブレベル2設定時5ms

リフレッシュレート 60hz

解像度 3840×2160(4K)

 

大型のモニターとしておすすめのアイ・オー・データ製のモニター。

とにかく大画面で楽しみたい!という方におススメで55インチ(横120cm縦68cm)とかなり大きく解像度4Kということでかなり迫力あるゲームを楽しむことが可能。

解像度4Kであるがオーバードライブレベル2設定をすることで応答速度5msとなるためクリアな映像を実現している。

 

ゲームだけでなくネットフリックやアマゾンプライムなどの映画好きの方には非常におススメできる。目を疲れさせないフリッカーレスブルライトリダクション(ブルーライト軽減)も搭載。

スポンサーリンク

 - オンラインゲーム,ネット回線