e-ブログ

PC、ゲーム、ガジェットを中心にまとめています

【nuro光】が遅い!?100mbps以下になる理由と対策5つ

      2021/06/28

NURO光にしたけど全然回線速度が出ない

前までは回線速度が出ていたけど遅くなった

という方のために書いたページになります。

 

世界最速クラス2Gbpsを誇るNURO光。

そんな欠点のなさそうなNURO光ですが「遅い」「遅くなった」

というように思っていたよりも速度が出なかったり

 

ちょっと前までは回線速度が出ていたのに今では「100Mbps以下」がザラという結果の方も多いようです。

今回はそういった方のためにNURO光なのに遅い理由と対策を解説していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

NURO光2Gbpsは理論値

「世界最速の光回線」

という売り文句のNURO光であり最高速度が下り上り共に2Gbpsを実現しています。

しかしこの2Gbpsは理論値であり実際にはそこまで出ていません。

 

実測値で言えば

平均値ダウンロード 458.9Mbps

平均値アップロード 404.28Mbps

 

*みんなのネット回線速度参照 2021年4月時点

 

であり地域によって800Mbps~200Mbpsの差が平均値値に反映されているという形であります。

 

たとえ200Mbpsであっても全く問題はなく、通常の使い方であれば100Mbps出ていればインターネットを使っていて不具合はありません。

youtubeなどの動画鑑賞であれば50Mbpsあれば快適、オンラインゲームや配信をするなどであれば100Mbps以上あれば快適になります。

 

なので100Mbpsを下回る場合のみ以下で紹介する対策が必要になってきます。

 

 

【nuro光】が遅い!100mbps以下になる理由と対策〇つ

NURO光側の問題

NURO光なのに遅い問題はNURO光側の問題とユーザー側の問題の二つで分けています。

 

1.ユーザーと通信量が増えすぎたことによる通信制限

光通信費が他回線と比べて安い

世界最速の通信速度

というNURO光の二つのメリットからNURO光が有名となり利用者がたくさん増えました。

しかしこのことにより残念ながらNURO光の設備がパンク状態となり仕方なく通信制限をかけてしまっているという状態です。

 

とくにコアタイムと呼ばれる夜19時から22時くらいまでの間の利用者が多い時間帯に通信制限をかけることが最近多くなっており

一番使いたい時間なのにまともにインターネットが使えない!

と泣きを見ているユーザーも多い。

特定の時間だけ利用できない場合は自分の環境ではなくNURO光側に原因があります。

 

ユーザーが増えた原因としての一つに新型コロナウイルスによる影響もあり

・外出禁止中の余暇

・テレワークの増加

の二つによりNURO光だけでなく日本全体のインターネット通信量が増えているということもあるのでユーザーに平等に使ってもらうためにNURO光も通信制限をかけています。

*総務省 https://www.soumu.go.jp/main_content/000692609.pdf

 

NURO光はこれまで利用者が少なかったことから「通信制限はない」とも言われていましたが設備は有限であるため

その設備に限界が来てしまえば通信制限をかけざるを得ません。

 

NURO光の利用規約27条の1にも

1.前条の規定による場合のほか、当社は、通信が著しく輻輳するときは、通信時間または
特定の地域の通信の利用を制限することがあります

輻輳(ふくそう):一か所に集中して混雑すること

 

とあるためNURO光は通信制限をする場合があります。

 

対策

こちらの対策方法としましては

・NURO光が設備増強まで待つ

・光回線を変える

の二つ

 

設備がパンク状態であるためユーザー側で対策できることはこの二つしかありません。

 

 

・設備増強まで待つ

光回線はユーザーやデータ量が増加した場合光回線の設備を増強して速度改善を行うことがよくあります。

2021年2月10日には神奈川県エリアを設備増設工事を行っていました。

NURO 光(神奈川エリア)回線設備の増設工事のお知らせ

 

ただ今後どの地域にいつ設備増設していくか?の計画は不明です。

 

・光回線を変える

NURO光でもあまりに遅い場合は光回線の変更をおすすめします。

おすすめの光回線はこの記事の一番下で紹介。

 

 

2.通信障害

NURO光側の設備メンテナンスやトラブルにより通信がほとんど使えなくなる期間があります。

・メンテナンスの場合は約5~6時間

・トラブルの場合は数分

で復興するため待てばOKです。

 

「NURO光 通信障害」で検索しNURO光の公式ページで現在の通信障害で確認したり

NURO光Twitter公式アカウントでアナウンスされます。

 

使っているデバイス側の問題

「コアタイムになると10Mbps以下しか出ない!」というような露骨な通信制限ではなく

NURO光なのに常時通信速度が100Mbp以下になってしまっている場合は自宅のネット環境周りに原因がある可能性が高いです。

 

ネット環境周りのデバイスを整えるだけで「通信速度が約100Mbps上がった!」という場合も少なくないのでこの際に環境を確かめてみましょう!

 

3.onuの寿命

NURO光と回線契約することで無料でレンタルされるONU。

NURO光のONUはルーター機能も付いており自前のルーターを用意する必要がないのでかなりお得でありますがレンタルONUの型をユーザー側から選ぶことができません。

 

そのONUの寿命が来ているとONUが起動していてネットはつながるものの無線や有線の速度が遅くなるといった症状が見られ始めます。

ONU寿命の目安は機種にもよりますがおおよそ5年~10年です。

 

その期間を目安にNURO光サポートデスクに電話することで交換の手続きをおすすめします。

注意点として2015年9月以前のレンタルONUの場合は交換手数料10800円がかかります。

 

またレンタルONUにはスペック差が存在し旧式の機種を使用している場合も注意。

旧式でも問題ない速度は出ていますが不具合を感じたりさらなる速度が欲しい場合は新型への交換も視野に入れましょう。

 

新型で特に速度が出る機種は

ZXHN F660A 無線速度1300Mbps

FG4023B          無線速度1300Mbps

HG8045Q         無線速度1300Mbps

 

の三機種。

 

「ZXHN F660T」、「HG8045j」、「HG8045D」は旧式型であり

無線速度も最大450Mbpsと低い。

 

実際ONUを交換して通信速度が回復している方が結構います。

 

4.PCの不具合

回線側ではなくPCの不具合でも回線速度が落ちるケースがあります。

・OSを最新状態にする

・ブラウザを最新にしてキャッシュを削除

・メモリが不足している

の主に三つが原因でありこれを機にPCのアップデート状況を最新のものにすることをおすすめします。

 

メモリ不足の場合はメモリを増強するかそもそもメモリの多い新しいPCを購入するか、不要なアプリの起動を停止させたりアンインストールすることで解決します。

メモリは基本8GB以上あれば不具合は出ません。

 

windows10を更新する場合は「設定」から「更新とセキュリティ」、「Windows Update」で確認可能。

 

 

5.LANケーブルが最適のものではない

LANケーブルは他のルーターやONUのようなデバイスと違って劣化はほとんどせず20年~30年は持ちます。

 

しかしLANケーブルにはカテゴリが存在し最大通信速度が決まっています。

そのためもし最大通信速度が低いLANケーブルを使っていた場合は速度が出ないので注意。

 

一般家庭でインターネットを使用する場合は最大通信速度10GbpsのカテゴリCAT6Aタイプを選択しておけばOKです。

最大通信速度100MbpsであるカテゴリCTA5などを使用していた場合はどんなに頑張っても100Mbpsしか出ないので注意。

 

現在使用しているLANケーブルのカテゴリはLANケーブルの側面に書かれているので確認してみてください。

 

LANケーブルの詳しい選び方や他カテゴリはこちらもご覧ください

おすすめ有線LANケーブル!選び方などもまとめてみた

 

 

NURO光から乗り換える場合のおススメ光回線

光回線はNURO光のように理論値最速の回線を使っていても

自分が住んでいる付近のユーザー数が多ければ多くなるほどどうしても回線が混雑してしまう問題があります。

 

光回線が遅いエリアなんてものは公式が発表するわけがないので

SNSなどで自分が住んでいる地域の回線を口コミなどでチェックしたり

みんなのネット回線速度 という全国各地の通信速度のデータを集めてくれているサイトからチェックするのがかなりおすすめです。

検索から自分の住んでいる地域の光回線の速度を出してくれる。

どの光回線を選ぼうかな?の指標にもかなり役に立ちます。

 

その前に 光回線を変えても意味がないパターン

マンションなどによくある光回線を使っている場合でもVDSL方式でつながれている場合は光回線を変えたとしても速度がほとんど変わらないということが起こるので注意が必要です。

VDSL方式とはマンションの外までは光回線なのですが外から部屋までの回線に電話線を使用していることで通信速度が遅くなってしまっているというつなぎ方。

VDSL方式のマンションではどんなに環境を頑張っても最大が100Mbpsであるため常時80Mbps出ていれば良い方になります。

 

もし光回線を変更する前にマンションに住んでいるのであればマンションがVDSL方式かそうでないかを確認しましょう。

 

auひかり

KDDI株式会社が提供している光回線。

NURO光と同じようにKDDIが独自に保有している回線が使われているため

ドコモ光やソフトバンク光やNTTフレッツの回線を借りているわけではないので

回線速度がNURO光に次いで2番目に早い。

 

auユーザーであれば最大月々1100円割引が適用される「auスマートバリュー」が適用されたり

他光回線からの乗り換え時にかかzった解約違約金を最大3万円まで還元するサービスがある。

 

ポイント

・NURO光と同じく独自回線を使っているため速度が安定し、速い

・通信速度最大1Gbps、都内だと10Gbpsのプランもある

・auユーザーは月額料金が割引

・他社違約金を最大3万円まで還元

・申し込みから開通まで2週間という早さ

 

 

料金(税込み)

プラン 1年目 2年目 3年目以降
ずっとギガ得プラン

3年契約

5610円 5500円 5390円
ギガ得プラン

2年契約

5720円
標準プラン

(契約期間なし)

6930円

 

 

auひかりのデメリット

・解約違約金や撤去工事費、初期工事費が高い

・キャッシュバック方法や金額が申し込む場所で変わったり受け取る条件などがややこしい

 

の二つ。

 

解約違約金や撤去工事費、初期工事費が高い

特にauひかりはNURO光と同じく独自回線で安定した速度を出すメリットがある一方独自回線だからこそ

工事費や撤去工事費用が他光回線と比べると割高になっています。撤去費用は税込み3万1680円。

 

さらに更新月以外に解約してしまうと解約違約金が発生してしまうのも注意。解約違約金がプランによって変わり三年契約で16500円、2年契約で10450円、マンション2年プランで7700円。

そのためauひかりは2-3年しか使用しない計画がある方や引っ越し予定がある方には向いておらずあまりおすすめしていません

 

キャッシュバック特典条件がややこしい

またキャッシュバック特典についてですが申し込む窓口によって金額や条件が変わってきます。

特に家電量販店や訪問販売などで契約する場合は人件費がかかってしまうためキャッシュバック特典はほぼほぼ無いものだと思ってもらってもかまいません

 

なのでキャッシュバック特典を最大にするためにはwebサイトでの申し込みが不可欠。

また代理店の場所によってもキャッシュバック特典条件や金額が異なるのもややこしい度を上げている部分。

 

おすすめとしては2パターンあり

・1つ目はキャッシュバック特典の金額が高いもの

その場合は受け取る条件が厳しかったり期間を逃してしまうと受け取れないという罠があるためそういうのが得意な方は金額が高いものを選べばOK。

 

・2つ目はキャッシュバック特典金額は低いがすぐにもらえるもの

申し込んで翌月にすぐにキャッシュバック特典がもらえるなどキャッシュバック特典を受け取る難易度の低いものがおすすめになります。

 

ちなみにキャッシュバック特典をしっかりともらえるまでに行き着いた方は全体の6割くらいしかいないので個人的には2つ目のものが無難だと思います。

 

下のリンクは一番簡単にキャッシュバック特典がもらえて、かつ開通後最短1カ月でもらえるみんなから人気の高い代理店です。

 

★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック45000円★

 

使用しているスマホ会社から割引される光コラボから選ぶ

もう一つのおすすめとしては現在使用しているスマホキャリアの割引が付く

光回線を選ぶというお得を求めた光コラボの選択。

 

昔は「光コラボは遅い!NURO光かau光しか選択肢がない!」とよく言われていましたが

2020年辺りから新しい通信方式であるIPoe・IPv4overIPv6に対応するプロバイダーが増えてきたので(従来の通信方式よりも安定しどの時間帯でも速い)通信速度の面から見ても選択肢として光コラボも十分良い通信速度を出してくれます

 

逆にIPoe・IPv4overIPv6に対応してない光コラボのプロバイダーは相変わらず遅いので選択肢としては微妙。

 

それでも通信速度の絶対値はNURO光やau光に劣ってしまいますが

通信速度は100Mbps以上出ていれば基本問題はなく、オンラインゲームや配信をする場合でも100Mbps以上あれば問題ありません。

 

今回はスマホの三大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクで各々おすすめの光コラボかつ通信方式がIPoe・IPv4overIPv6に対応したもの、加えて中でもキャッシュバック特典がお得であるものを選んでいます。

 

ドコモユーザーはドコモ光!(ニフティー光)

スマートフォンや携帯電話でNTTドコモを使用している方はドコモ光がお得になります。

家族全員のスマホ月額料金から月々1100円の割引が入るドコモスマホ割引が魅力的。

 

ドコモ光のプロバイダーは数多く存在しますがIPoe・IPv4overIPv6に対応してなおかつ僕が思う一番お得なキャッシュバック特典があるのが@nifty光のドコモ光。

 

スカパーなどのオプション登録があった場合は2万円のキャッシュバック、オプションなしでも18000円のキャッシュバック特典があり、なおかつキャッシュバック特典を受け取る難易度が低い点が◎な部分。キャッシュバック特典をもらい損ねるというケースがほどんど起きない。

 

また@nifty光は工事費が無料もやっているので他のプロバイダーと比べてもコスパが高い。

 

ポイント

・IPv6(IPoE方式)接続対応のため夜間でも通信が遅くない

・ドコモユーザーは1100年のスマホ割引

・@nifty光のキャッシュバックは最大2万円、オプションなしで18000円

・工事費無料

 

 

デメリット

・ドコモユーザー以外は料金的に微妙

 

 

オプションなしでも最高金額のキャッシュバック【@nifty with ドコモ光】

 

auユーザーはビッグローブ光

auのスマホユーザーがお得になるのはビッグローブ光。

 

auひかりかビッグローブ光どちらが良いか?は通信速度だけで見ればauひかりであるが地域によってauひかりが利用できない場合はビッグローブ光がおすすめ。

auユーザーは月々家族のスマホが1100円(税込み)割引されるauスマートバリューか最大1320円(税込み)割引されるauセット割のどちらかを選択できる。

 

またキャッシュバック特典についてはビッグローブ光の公式ページよりも

僕がおすすめしている代理店の方がキャッシュバック特典がほんの少しだけお得であり、もらえる期間が最短2カ月と早い。(公式は12か月後)

なのでもらい損ねるというケースがほとんどない。

 

ポイント

・IPv6(IPoE方式)接続対応のため夜間でも通信が遅くない

・代理店のキャッシュバック特典が最短2カ月

・オプションなしで26000円、ひかり電話申し込みで3万円

・工事費が実質無料

・auスマートバリューかauセット割のどちらかを選択

・auひかりが選べるなら通信面だけ見ればauひかりのが良い

 

 

デメリット

・auユーザー以外は料金的に微妙

・au光が選択できるならau光の方が通信は速い

 

 

【ビッグローブ光】

 

ソフトバンクやYmobileユーザーはソフトバンク光!

昔は「ソフトバンク光は激遅!」と有名でありましたがIPv6(IPoe方式)を導入したことで速度が改善されました。

ソフトバンク、Ymobileユーザーには「おうち割 光セット」という家族で1100円の割引が適用されます。

 

キャッシュバック特典については代理店が優秀であり新規光回線導入で36000円、光回線乗り換えの場合は15000円のキャッシュバック、最短2ヵ月ともらい損ねるパターンが少ない。

 

ポイント

・IPv6(IPoE方式)接続対応のため夜間でも通信が遅くない

・公式キャンペーンが豪華

・代理店のキャッシュバック特典が優秀

・おうち割 光セットでソフトバンク、Ymobileユーザーはお得になる

 

 

デメリット

・ソフトバンク、Ymobaileユーザー以外は料金的に微妙

 

 

SoftBank光キャンペーン

 

通信制限をしないゲーミングプロバイダー

個人的に通信の安定性を考えるのであれば一番おすすめの選択はこちら

 

光コラボの紹介を上でしましたがどの回線もIPv6(IPoE方式)接続対応になって回線が理論上安定はするはずなのですが

やはり一部地域などでNURO光同様にユーザーとデータ使用量が事業者の想像をはるかに上回ることによって起こる設備パンクが発生。

地域によってはIPv6(IPoE方式)接続でも通信制限をしなければならないという状況に陥っています。

 

そこでおすすめするのがオンラインゲームなどを快適にいつでもプレイできるでサービスを推しているゲーミングプロバイダー。

このプロバイダーがおすすめできるたった一つの理由は

「帯域制限(通信制限)をしない」

という一点のみ。

 

通信制限をしないプロバイダーはいくつかあるのですが特におすすめなのが

「かもめインターネット」

このプロバイダーはオンラインゲーマー向けにサービスを開始したプロバイダーでありゴールデンタイムでも通信制限をしません

かもめインターネットのv6プラスサービス

さらに「オンラインゲーム向け」を謳っていることからゲームをしない一般ユーザーは基本的に避けますし「かもめ」という名前が原因でもやはり一旦避けられてしまいます。

 

プロバイダーが通信制限をする理由はユーザーが増えすぎたことと利用する通信量が増えることが原因なのですが「かもめインターネット」はそもそも利用者が少ないことから通信制限をかける理由がないのです。

 

回線は上の光コラボ同様NTTのフレッツ光回線を使用しているので理論上の通信速度は光コラボと変わりません。

また2カ月間の無料お試し期間があるので「やっぱりやめた」が可能な点も〇

 

ポイント

・通信制限しないので速度がいつでも安定

・3年縛りなどの縛り契約なし

・2ヵ月のお試し無料期間がある

 

 

デメリット

・月々の料金が高い

 

通常光コラボなどの料金は月々プロバイダー代で1000円弱なのですがかもめインターネットは月々2410円(税込み)と他光コラボと比べて高いです。

 

とは言え通信制限をしない光回線なので通信速度と安定を求める方は一度試してみても良いのではないでしょうか。

 

かもめインターネット

 

光回線を変更するのはかなりエネルギーがいる作業なのはとてもわかります。

しかし人間、僕も含めてですが後回しにした場合ほぼほぼやらなくなってしまうのですぐに行うのがおすすめです。

光回線を選んで快適で楽しいインターネット生活を得るか、せっかくの夜のゴールデンタイムにネットが使えずイライラする生活のままなのかどちらが良いかは明白!

料金的にはどの光回線もそこまで変わらないので損することはありません!自分の行動だけでインターネット環境が変わるのですぐに行動していきましょう!

 

auひかりはこちら

★auひかり オプション無しでも必ずキャッシュバック45000円★

 

ドコモユーザーはこちら

オプションなしでも最高金額のキャッシュバック【@nifty with ドコモ光】

 

auユーザーはこちら

【ビッグローブ光】

 

ソフトバンクYmobaileユーザーはこちら

SoftBank光キャンペーン

スポンサーリンク

 - 光回線