e-life

PC、ゲーム、ガジェットを中心にまとめています

【マウス感度合わせに必須!】APEXカリキュレーターの使い方!

   

APEXでマウス感度や振り向きをくわしく調べる方法ないかな?

APEXカリキュレーターがいいらしいけど英語だからよくわかんない

という方のために書いたページになります。

こんにちは!ユウヤです。

 

APEXは相手の移動速度が早くて体力も多いことからエイム力が重要なゲーム。

最適な自分のマウス感度を探すためにマウス感度調整の沼にハマっている方も

多いのではないでしょうか?

 

僕も最初は相手のレレレに対して3マガジン使うくらい弾が全く当たらな

かったり銃持ってるのに相手の殴りで負けるような初心者でありました。

 

しかしマウス感度調整をしまくって

やっとこさPC版Aでダイヤ帯、3000ハンマーが取れたくらいの実力です。

 

今回はマウス感度調整でお世話になったサイトであるAPEXカリキュレーターの使い方をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

APEXカリキュレーター

APEXカリキュレーターのサイトはこちらです

Apex Legends Calculator - JSCalc.io

 

注意点としてグーグルトランスレートで日本語にするとバグなのか

計算結果が出ないので使う時は英語のままで使ってください

 

APEXカリキュレーターの使い方!

左の表が自分のマウス感度やDPIを打ち込む場所

右の表にその計算結果が出ます。

 

APEXカリキュレーター左の表

上から順番に紹介していきます。

 

・Mouse Counts Per Inch (CPI):

自分のマウスのDPIを打ち込む場所です。

例えばDPI800なら800と打ち込んでください。

 

 

・Rendered Width (setting.defaultres):

・Rendered Height (setting.defaultresheight):

APEXの解像度を打ち込む場所です。デフォルトなら1920と1080。

 

例えば画面引き伸ばしで1650×1080でプレイしている場合は

1650と1080を打ち込んでください。

 

 

・Field of View Multiplier (cl_fovScale):

視野角の値を打ち込む場所です。

デフォルトで1.27216と書かれていますがこれは視野角90の値です。

 

自分の使っているパソコンやモニターにより小数点以下で視野角が

変わってくるので正確に知りたい場合はファイル名を実行して

打ち込む数値を調べなければなりません。

 

こちらは左下Windowsから

 

「ファイル名を指定して実行」を検索。

そこにAPEXカリキュレーター右の表の下にある

Config Filesのcl_fovScaleの隣にある

%USERPROFILE%\Saved Games\Respawn\Apex\profile\profile.cfg

をコピーして打ち込みます。

 

するとメモ帳が出現。

上から三番目のcl_fovScaleの隣の数字が今使っている視野角になります。

その数字を打ち込みましょう。

 

 

ただこれを視野角を気分で変えたりした時に毎回同じことをするは

面倒なので右の表の「FOV」の計算結果を見ながら数値を変えたりするのもアリ。

 

右の表の一番上のFOVのHipfire, RE-45の部分が視野角になります。

図でいうと100.0となっている部分が通常時の視野角を表しています。

 

一応ここにある程度の視野角の数字を置いておきます。

視野角  80   1.143

視野角100 1.429

視野角104 1.486

視野角110 1.571

ファイル名を実行するのが面倒な時はこの辺りの数値を入力してみてください。

 

 

・Sensitivity Multiplier (mouse_sensitivity):

通常時のマウス感度を入力場所です。

DPI400でマウス感度2.0の人は2.0と書いてください。

 

そこから以下倍率スコープの値です。

1x OpticはADSした時の倍率。

2x Opticは2倍サイト、3x Opticは3倍サイトというように

マウス感度を倍率サイトごとに変えている場合は入力してください。

 

APEXカリキュレーター右の表の計算結果

基本的に見る場所は左から2番目のRaw Sensitivityと

3番目のCircumference、と5番目のFOVの三か所だけです。

 

・Raw Sensitivity

ゲーム内の感度。

この値は例えばコバークなどの無料エイム練習ソフトで利用することで

APEXと同じ感度でエイム練習ができるようになります。

 

 

視野角100で感度2.3の場合

コバークで1倍スコープを練習するときは表で言うと

1x Scope, Pistol, SMG, Shotgun(上から二番目)の隣に書かれている

1.790566354が感度、FOVの85.74が視野角なのでそれらを入力します。

↑コバーク内で入力

 

するとAPEXの1倍スコープの感度と同じようにコバーク内でエイム練習が可能。

 

コバークだけでなく他のエイム練習ソフトでも同じように

導き出した値を入力すればOKです。

 

 

・Circumference

360度1周するまでのマウス感度をセンチで表した値です。

この値を半分にすると振り向きの距離になります。

 

例えばDPI400でゲーム内感度2.3の場合は一番上に45.18cm/rev

と書かれているので通常時の振り向きはこれを

半分にした22.54cmということになります。

 

下にいくにつれて順番に

SMGやショットガンの1倍スコープ時

ARやスナイパーの1倍スコープ時

2倍スコープの時、、、、

 

というように計算結果が出ます。

 

APEXカリキュレーターの利点

ADSのマウス感度は変えたくないけど通常時のマウス感度は高くしたい!

というような場合にAPEXカリキュレーターが使えます。

 

例えば視野角100、感度2.3で1倍0.9の時

通常時は45.18 cm/rev、1倍ADSは一周64.48 cm/revと出ます。

 

これをADSをそのままに通常時のマウス感度を上げたい!という場合は

マウス感度2.6にして1倍を0.8にすると

通常時39.97 cm/rev、1倍時64.17 cm/revとなるので

通常時のマウス感度を上げながらADSの感度をほぼ変えずに

マウス感度調整をすことができました。

 

こんな風にAPEXカリキュレーターを使うと感覚や定規に頼らず

便利にマウス感度調整をすることができるのがAPEXカリキュレーター。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 - APEX